目的が伝わっていない=いちいち指示をしないと社員が動かない

経営理念を知る

The following two tabs change content below.
及川 宗峰

及川 宗峰

【シンプル化戦略コンサルタント】経営者の相棒として20代の頃から365日経営現場へ。経営者の時間をつくるため、戦略を凝縮してシンプル化するのが得意技。自社独自の世界観を込めたワンフレーズにする「あいことば(R)」を開発。経営者だけでなく、幹部・管理職も「1秒で判断」し、社員・スタッフが自ら考え育つ「考える組織をつくる1秒マネジメント」として提供。専門はシンプル化戦略。

社員の自主性がない・・・。向上心がない…。指示をしないと動かない・・・。

人が育たない…。右腕ができない…。社長が現場から抜けられない…。

経営側の目線でものごとをみるというのは、社員の立場では難しいものです。

逆にいえば、会社の目的、仕事の目的を明確にして動ける社員さんって、本当に貴重で、ありがたいですね。

根本的な目的は、伝えているか。そして、伝わっているか。

今回はこのテーマでお送りします。

「理念で目的を簡潔に伝え、自ら考えさせる方法とは?」と言ってもいいかもしれません。

社員さんがどうかは、もちろん、人によるかとは思います。

しかし、それ以前に、目的を伝えているでしょうか?

そして、それは、伝わっているでしょうか?

 

こちらの動画の内容をテキストにしました。

経営理念がなかったときに、今までお困りだったことは?

森を見ないで、木を1本1本、みているような感じ。
…だから、果てしないんだよね。「そこ直して、ここ直して」って、いちいち社員に指摘しないといけない。

それが今は、細かいことを修正するのではなくて…「それは、感郷創生(かんきょうそうせい)だよね」と。
「介護全般」だったり「その人にとって、どういう事なの?」と、伝えていける。

そこ(経営理念)を軸にして、話ができると・・・スッキリされましたか?

うん。4文字でおさまるのは一番いいね。伝わりやすいし、話やすいし。

経営理念を提供したお客様のインタビューの(一部)です。完全版はリンク先でご覧いただけます。

背景(コンテクスト)を共有している

この場合、一言で済むようになったのは、「それは、何なのか」「なぜ、それをいうか」といった背景を共有しているためです。

1つ1つ指摘しないといけないのは、ほとんどの場合「やり方」についてです。

また、よくみるのは「~をやればいい」と思っている社員さんに、社長さんが「何のためにやるの?」と、目的を問いかけているシーン。

この場合も結局、1つ1つの物事に対して「目的を設定してあげる」または「目的を考えさせる」必要が出てきますよね。

ですから、おおもとにある目的、「そもそも、この会社は何のためにあるのか?」であったり、「何を為そうとしてるか、未来にどんな状況をつくろうとしているのか?」という事を共有していく必要があります。

これらは通常、少し長めの文章になりますが、それはそれで、理解を促すために、必要ではないかと思います。

その一方で、こういった事を日常的に共有していき、その一番はじめの概念として「短い経営理念」を準備しておくことで、一言で済むようになってくるのです。

実際にどのような変化があるかは、こちらの動画をご覧ください。

短い経営理念は、あくまで、直感的にわかるように、簡潔にするものであり。
また、そこに含まれる意味を、最終的に「一言で伝える・伝わるようにするため」なので、つなぎの仕組みがあって、現場で生きてきます。

関連記事一覧