ワンフレーズの経営理念・・・は、実のところ事業定義

経営理念を知る

The following two tabs change content below.
及川 宗峰

及川 宗峰

【シンプル化戦略コンサルタント】経営者の相棒として20代の頃から365日経営現場へ。経営者の時間をつくるため、戦略を凝縮してシンプル化するのが得意技。自社独自の世界観を込めたワンフレーズにする「あいことば(R)」を開発。経営者だけでなく、幹部・管理職も「1秒で判断」し、社員・スタッフが自ら考え育つ「考える組織をつくる1秒マネジメント」として提供。専門はシンプル化戦略。

言の葉デザイン(当サービス)では、経営理念を「創業メッセージ」と呼んでいます。

この「創業メッセージ」・・・(ワンフレーズ経営理念でもいいですが)

実のところ、「事業の定義」とよばれるものをワンフレーズ化して、経営理念に使っています。

事業定義とは

ドラッカー先生(マネジメント:基本と原則)にもとづいて、ご説明してみます。

まず、顧客。顧客は、どこの、誰か。

その顧客の「どんな欲求を満足させるか」これが、使命(ミッション)と呼ばれるものです。

「では、それを、どのように実現するか」これが「事業定義」になります。

事業定義をワンフレーズ化して、ツールとしての経営理念に

これが、言の葉デザイン(このサービス)の本質です。

事業定義をワンフレーズ化(ツールとしての経営理念に)している例をあげますと・・・

介護業での事業定義の例

介護事業のお客様の場合、業界で基本的なのが「基本理念」とよばれるものです。

その内容としては「このように介護をします。」のような、行動ベースのもの。

会社の存在理由が、よくわかりませんし、どのように実現するかも、ピンときません。

この会社さんでは「心が動く、故郷をつくる」「心を動かせる、人材をつくる」ことによって、実現します。

という宣言をしている形となります。

つまり、事業定義の説明例とすれば、私たちの仕事は・・・「感動を生む人材による、心が動く故郷づくり業です。」

といった形になるということです。

もし、あなたが、「この会社で仕事をしようか?」と考えたとき、そう説明されたら、わかりやすいと思いませんか?

ブリーディング・ペットサロン業での事業定義の例

次は、ブリーディング業界と、ペットサロン業界でのお客様の例で、説明してみます。

「ペット業界」と、いってしまえば、ひとくくりですが、エリアが異なるため、そうすると「顧客が明確に定義されない」ことになってきます。

これは「私たちが~する」と、自分の・行動ベースで考えてしまうことによる弊害です。

正しい発想としては、私たちは「相手(顧客)を、こうならせる」と、相手の・変化(ビフォーアフター)で、考えていくことです。

 

具体例をみてみましょう。

ブリーディングで「私が、~します」と発想すると、たとえば「健康な子犬を提供します」となります。

ペットサロンで「私が、~します」と発想すると、たとえば「キレイなカットを提供します」となります。

検索したら、よくありそうですよね(笑)

でもね、これって・・・「お客様の状態がない」んです。よく考えてみると、そうですよね。

「お客様が、(欲求を叶えて)こうなっている」これを、実現するために、「私たちは、こうするんだ」ってのがないと、何のために組織があり、何のために仕事をしているのか、うまく説明することができないのです。

そこで、大きく発想転換してみます。(これを「組織の在り方を変える」と言っています)

で、結論的にどうなったか・・・というと

「愛犬家のために、人と犬の文化をつくり、発信することで、人生をステージアップさせる業」になったのです。

少し説明すると・・・

ブリーディングというのは、その犬種、本来の作出目的・あるべき姿(ブリーディング・スタンダードといいます)に沿って、遺伝子を掛け合わせるのが業務です。

その中で、24時間、犬と暮らしているわけです。・・・ちょうど、原始時代に人と犬が共存・共生して、狩りをしているイメージです。

また、このお店の場合は、ブリーダーをやっていることから、ペットサロンとしても少し異色で、例えば水や、自然素材のシャンプー、フードと、「犬がより自然に近い環境で生きられる、環境整備」をしていたり、カット時には皮膚病のチェックをしています。

つまり人と犬が、よりよく生きられる環境をつくっているのです。

で、どんな方が顧客かというと・・・犬を家族とみなしている「愛犬家」

それと、自分たちの価値観をまとめていくと・・・

「愛犬家のために、人と犬の文化をつくり、発信することで、人生をステージアップさせる業」と、なるのです。

難しかったですかね?笑

「なるほど!」と、わかった方。これって、面白くないですか?^^

あなたの会社にも、そういう一貫性のあるメッセージ(事業定義)、きっと、あると思いますよ。

関連記事一覧