クレドの導入効果は?

組織管理のシンプル化戦略

The following two tabs change content below.
及川 宗峰

及川 宗峰

【シンプル化戦略コンサルタント】経営者の相棒として20代の頃から365日経営現場へ。経営者の時間をつくるため、戦略を凝縮してシンプル化するのが得意技。自社独自の世界観を込めたワンフレーズにする「あいことば(R)」を開発。経営者だけでなく、幹部・管理職も「1秒で判断」し、社員・スタッフが自ら考え育つ「考える組織をつくる1秒マネジメント」として提供。専門はシンプル化戦略。

前回の記事「クレドとは?クレドの意味」では

「はじめてクレドを聞いた」という方や「クレドって何?」という方に、まずクレドって何なの?

という所から、どんな企業が導入しているか等、ざっくりとしたご説明をしました。

経営者としては気になるのは…

「クレドを入れるといいことあるの?効果は?」という所でしょう。

そこで、今回は「クレドの効果について」記載したいと思います。

クレドは…ズバリ、効きます。効果は高いです。ですが、注意点あり

前回も最後にさらっと記載しましたが、クレド導入の効果は、とても大きいです。
…が反面、タイミングや使い方によっては、大きなデメリットもあります。

これはクレドの特性によるものですが、詳しく説明すると難しくなります(笑)

なので、まず、シンプルに「効果」から、ご説明しましょう。

クレド活用の効果

クレドを導入すれば、組織全体が変わります。
また、外向けに浸透する手をうっていくことで、対外的なイメージを望ましい方向へ変えていく事ができますね。

では具体的には、組織がどのように変わるのでしょうか?

まず「クレド」には会社の価値観が、反映されます。
「価値観」とは、何に対してYESとし、何に対してNOとするかの「判断基準」です。

価値観を明確にすることで、このような効果があるわけです。

クレドの社内に対する効果:社員の育成・採用

1)会社と価値観の合う社員の育成が加速する

2)会社と価値観の合う社員を採用することができる

さらに、クレドは行動指針、行動基準にもなります。
例えば、安全保持(危機管理)に対する意思の統一、万が一、会社に都合がわるい事があろうと「顧客への約束」として行動すべきことを宣言することによって、組織の力を「顧客満足」に集中させることができます。

こういった点から、接客が中心のサービス業において、クレドがよく活用されるわけですね。

クレドの社外に対する効果:顧客対応・社会性の保持

3)クレドでの顧客との「約束」で、対応品質向上・顧客満足向上

4)クレドによって行動基準を明確化し、危機管理対策や法令遵守の意思統一をはかる

価値観、行動基準などの企業姿勢を、クレドを通じて、外部に打ち出す(公開)することもできるわけです。
社員だけでなく、顧客や株主などの関係者に、自社のメッセージを伝えることができます。

5)クレドにより、会社の価値観、行動基準などを公開し、社会性を高める

クレドの作成過程での効果:組織内の同意形成・方向性の共有

さらに、クレドは作成過程においても、効果があります。
クレドは、そこそこの文量になりますが、作成段階では、相当量の情報が出てきます。

というのも、一般的には、社員が参加するワークによってクレドを作成するためです。

すこし手間がかかりますが、このような方法をとることによって、クレドに込められた文面の背景が共有できますので、組織のコミュニケーションがよくなっていきます。

同じ方向を目指していく事に、同意形成がとれていくのですね。

クレドの必要性について知りたい場合は、経営コンサルタントでもあるジム・コリンズ博士の「ビジョナリー・カンパニー1」などを読んでみるのもいいかもしれませんね。

このように、うまく導入できれば、大きな効果が見込めるクレドですが、ちょっと間違えると、その強力さが裏目に出てしまいます。

次回は、クレドの失敗例・クレドのデメリットについて、記載しましょう。

関連記事一覧