経営理念を作成・運用した2年後のインタビュー動画はこちら(テキスト付)

後日…インタビュー

The following two tabs change content below.
及川 宗峰

及川 宗峰

【シンプル化戦略コンサルタント】経営者の相棒として20代の頃から365日経営現場へ。経営者の時間をつくるため、戦略を凝縮してシンプル化するのが得意技。自社独自の世界観を込めたワンフレーズにする「あいことば(R)」を開発。経営者だけでなく、幹部・管理職も「1秒で判断」し、社員・スタッフが自ら考え育つ「考える組織をつくる1秒マネジメント」として提供。専門はシンプル化戦略。

提案直後にいただいた率直なご感想は、こちらです。

[slideshow_deploy id=’84’]

2年後にあらためて、作成した経営理念や、現在の活用方法について伺いしました。

動画の内容(経営理念のご感想・テキスト版)

経営理念が必要かな?…と感じたことはありましたか?

あるある。なんでかというと、色んなところに書類を出すときに「経営理念」とか「基本理念」とかって、あるわけだよね。

そこで、基本理念(施設の運営方針)はつくったからいいけど、果たして経営理念って言われたときに・・・。
まあ適当に書いていたこともあったけど「(会社の経営理念は)ないからなぁ」って、だんだんと書かなくなったよね。

でも、「どこにでもあるのが、ない。」ってのは…「会社の形をなしていないなぁ」って。ずっと思ってたんだよね。

…マネするのは、カンタンなんだけど。でも、ホントに、ありきたりな…。
「どこの介護施設でも、こんなこと言ってたよなぁ」ってのはあって、それじゃあ納得できなかったんだよね。

何でかというと、ここをつくる時から「今までと違うもの。」
…まあ、視点が違うんだよね。「利用者さんを、どう見るか。」ってことで、施設の在り方も変わってくるんだけどさ。

ありきたりなものは「利用者さん第一」はあるんだけど、自分が伝えたいのは、果たしてそうかなぁ、とね。

経営理念がなかったときに、今までお困りだったことは?

森を見ないで、木を1本1本、みているような感じ。
…だから、果てしないんだよね。「そこ直して、ここ直して」って、いちいち社員に指摘しないといけない。

それが今は、細かいことを修正するのではなくて…「それは、感郷創生(かんきょうそうせい)だよね」と。
「介護全般」だったり「その人にとって、どういう事なの?」と、伝えていける。

そこ(経営理念)を軸にして、話ができると・・・スッキリされましたか?

うん。4文字でおさまるのは一番いいね。伝わりやすいし、話やすいし。

どんなタイミングで、特に重要になりますか?

今からというか。仕事をはじめる、会社つくるって人には、必要だと思う。

話しているうちに、方向性が明確になってくるから・・・その点でも、いいと思う。

3年後、人が増えてきて、「伝わりづらいな」という段階では、特に必要かもしれないね。

経営をする、組織を運営する上で、重要度が高い・影響度が大きいのは?

全員に浸透できるか、ということ。基本理念のような「耳障りがいいもの」というか…。

ほとんど同じような「お客様のために」「お客様第一」ってのは多いけど、「ほんとにやってるの?」っていう。

「そう感じるのは何か?」っていうと、もっと上の概念がないから、浸透しないんだろうね。

…すごいね。「感郷創生(かんきょうそうせい)」の…持つ意味は。

どのようにご活用されていますか?最近の具体例を1つ教えてください

新卒の子たちを採用したときに、経営理念として「感郷創生」があると。

「どう思う?」と、問いかけて…。「実はね…」と、説明する。

これを一番はじめにもってきて「みんなが、このために動いている。何かあったら、これを頭に入れて」って。
目的が言いやすくなったよね。手段はいろいろ覚えていくし、必要もあるんだけど。アタマがしっかりしていないと…。

「何のために、これをするんだ」って意味(目的)がわかっていれば、間違ったことはしないと思う。
その説明は、すごく楽だね。

この会社の存在する理由は、~だよ。この仕事の意味は、目的は~だよ。そこから説明ができると。

うん。…なので、次に「基本理念」と、運営方針の説明をして、進んでいける。

基本理念(施設の運営方針)が先にくると「介護の手段、介護とは?」になっちゃうけど、「感郷創生(経営理念)」は、その上の考え方・あり方の話だよね。

提案内容を見た時の、率直な印象、ありのままのご感想を

ほんとに・・・感動したってのが、最初だよね。
最初のショック。何がショックだったかって、自分が潜在的に思ってたことが、言い当てられてたのかなぁって。

あとは、自分が今までやってきたことを、理解されて評価されていたので「すごく嬉しかったなぁ」ってのもあったよね。

「涙が出るほど、嬉しかった」って言ったけど・・・ほんと、そんな感じ。

コンサルタントっていうと…また、ちょっと違うかな…占い師に近い感じ(笑)霊能者…みたいな感じ(笑)

やっぱ「経営理念」となると、介護だと「社会的使命」とかさ。支え合い、助け合い、とかもそうだけど。
そんな言葉が出てきやすいのに「感郷(環境)」ってのに、置き換えられるのは…「すごいな!」って思ったよね。

「感郷(かんきょう)」だからね…。住み心地だったり、働きやすさだったり、全て「感郷」って言葉に、結びつくのかなあと思う。

【ここで私からのコメント】

自分の欲求に基づいていないと、人間、やりきれないんじゃないかなと思うんですよね。
仮ものの言葉で、自分の欲求に基づいているものではないなら、やっぱり「自分ではない」というか。

それってやっぱり、本来、自分がやりたい事とは違うんじゃないかなって。

そう考えた時に、心の底から、湧き上がってくるもの。
(相談しているときに)「…それって、何なんだろう?」って、観てるんですよね。

その後、考えたり、イメージしている時に、ふと…「あぁ、そういうことか。」
「…感動」だったり「…故郷(ふるさと)」をつくりたい…。

「そっか、そういうのを、デザイン(設計)していきたいんだなぁ…ってのが、伝わったので…。

感郷(環境づくり・ふるさと)について…改めて原点を振り返って、いかがですか?

誰しも「故郷(ふるさと)」のイメージというか。ぬくもりがある、というか、懐かしい。というか。

「できれば、そういう所に帰りたい」というのが、あると思うんだよね。イメージで出てくる「故郷(ふるさと)」も、そうだけど…。

そもそも「都市計画をしたかった」というのも…。自分で住やすいところ、皆が動けるところ、働けるところ。「そういうのをやりたいな」ってのがあったから、そのミニバージョンとしてね。

約10年前…現在の事業を始める頃や、その前から、今も続いているこだわりは?

自分は介護に関しては、外から見ていることはあったけど、中に入ったことはなかったから、そこで話をきくと「今までの介護って、なんか変だね」ってのがあって。

それなら「介護を受ける人が、普通の生活ができるのが一番かな」、と思って・・・
だから「これは普通の生活だよね」ということをできるように、続けていこうかなと思ったんだよね。

逆に、大変なんだよね、普通のことを続けるってね。

でも…どこまでも「普通」というのには、こだわりたいと思ってたね。

今までのように生活できる、という「意味での普通」ですよね

そうそう。
施設に入ったから「これをしてはダメ、これをガマンしよう、こういうことはできません」そういう事ではなく「家庭だったら、こうしているよね」と、家庭を意識して…。むしろ、それ以上の生活ができればいいな、と。

何でかというと「自分だったらこういう風にしたい」「してほしい」というのが、あったからだよね。

建築士として、施設にこだわった理由や、そのポイントについて教えてください

「自分が住みたいところ」というのが1つ。それから、家族はそれまでは、介護・施設というと…預けてて、逃げるように帰るような。人にも言えないような事だったんだけど、それを失くそうと。

その2つから言うと…

木造で、懐かしいような空間。そこで穏やかに暮らせるのが「あぁ、いいなぁ…」と思えるような空間づくりがしたかった。

加えて言えば「あそこに入っているんだ。いいねぇ」と、家族が自慢できたり。「あそこで働いてたら、すごいねぇ。いいねぇ」っていうようなもの。自分が建築をやってたから、そういうのが実現できればいいなあということで。

介護施設の要素はあるけど、どっちかというと、「住宅を大きくしたようなもの。」そこにはこだわりたかったよね。

建築士としての仕事、現在の介護の事業の共通点に人生のコンセプトを感じましたが?

そうなの…。それが、うまくいっている要素かなと思うんだけど、建築だって1個1個、1つの家庭ごとに、違う家だよね。

趣味も違うし、家族構成、年齢も違うから「その人、その家族が求めているのは何か?」っていうのとを、色々さぐったり、具体的に形にして、満足してもらう。

介護も同じように、1人1人違うわけだよね。
その人の背景(バックグラウンド)も違うし、何を求めているのかも違うし…人を観察して、最終的にサービスを提供して、満足してもらう。

これは…同じことだったんだよね。

これから実現していきたいこと、大切にしていきたいことは?

オリジナル・・・「オンリーワン。」・・・って、よく言われるけど、それがあると、違うんじゃないかな。
・・・オンリーワンの方が、俺は嬉しい。それがナンバーワンになれば、もっと嬉しいけどね。

「できれば、みんなの家にいきたい」そういうような、選び方をしてもらえれば。

そんなことなのかな、実現したいこと、大切にしたいことは。

描いているもの、目指す先について、経営理念をどう活用できそうですか?

自分の思ってる故郷(ふるさと)というか、田舎の良さ。都会に住んでる人でも、今の(施設の)こういう建物を見ると「見たことないけど、なんかほっとする」とか「懐かしい」とかっていう気持ちになるんで…

日本人の原風景の中には、やっぱり、田舎の炉端(ろばた)のあるところで、なんとなく焚き火をしながら、しゃべったり、飲んだり。みんなでそういうのを楽しんでもらえる場所があれば、いいかなあ。そこを、やりたい。

そういう気持ちになれる場所を(スタッフの)皆にも作ってもらえればいいし、集まる人に、そういう気持ちになってもらえればいいかなぁ。

つくってもらった言葉(経営理念)は、まさに、そのまま当てはまるから、そのまま活かしてね。
どこでも、やっていきたいなと思うけどね…。

インタビューのご協力、ありがとうございました!

※提案時、「感郷設計」だった内容を、「感郷創生」にあらため、お使いいただいています。

こちらは、原点(経営理念)の提案時に、その場でお聴きしたご感想です。

関連記事一覧